屋根塗装

屋根塗装でおすすめする遮熱塗料!本当に効果があるか?【詳しく解説】

6月 17, 2022

遮熱塗料の効果

業者から遮熱塗料をすすめられたけど、普通の塗料との違いについて分からない人多いと思います。

せっかく塗装工事するなら、屋根に遮熱塗料を使用してお住まいをより涼しく、快適な空間にしたいですよね。

遮熱塗料とは太陽光を反射し、効率よく建物自体の熱の影響を軽減してくれる塗料
特に屋根塗装に威力を発揮し、室内温度を下げてくれる遮熱塗料。

本記事では遮熱塗料と普通の塗料の違いや、屋根に遮熱塗料を使用した場合の効果を解説していき、塗料選びの参考にして下さい。

遮熱塗料って?

遮熱塗料は、通常の塗料よりも太陽光をより多く反射できる塗料で、『高日射反射塗料』ともいいます。
太陽光に含まれる近赤外領域の光を高いレベルで反射することにより、塗料自体の表面温度はもちろん、室内温度の上昇を抑えてくれます。

遮熱塗料以外にも、遮熱効果を持った『遮熱機能付き屋根材』や『遮熱シート』など遮熱効果がある工事方法はありますが、手間や価格からみて遮熱塗料は”塗るだけ”なので比較的お手軽な施工方法。

より遮熱効果を高めるには黒系よりも白に近い色を選ぶのがポイントです。

日本ペイント株式会社サーモアイシリーズ

【期待】遮熱塗料をおすすめする理由

遮熱塗料

遮熱塗料はメリットだらけ!
良い点
  • 一般塗料と同価格帯
  • 室内温度の上昇を軽減する
  • 電気代・エアコンの使用頻度を抑えられる
  • 省エネにより助成金・補助金の対象になる可能性

室内温度の上昇を軽減する

屋根(外壁)で吸収した熱が室内に伝わり室内温度が上昇。
遮熱塗料を塗れば普通の塗料より表面温度に大きな差が生まれます。

屋根の表面温度調査

屋根の表面温度室内温度(朝からエアコンの使用なし)
一般塗料68℃44℃
遮熱塗料54℃39℃
温度差14℃5℃

外気温34℃ 2021年8月10日 13時 神奈川県横浜市にて

室内温度は窓や家具の配置等、が違いすぎるため参考程度に!
条件
  • 似たような形状の隣同士の家
  • 色はともに黒系(塗料の性質上全く同じ色ではない)
  • 同時刻に観測
  • 同じ屋根材(スレート瓦)
  • ともに2階建てで、2階の部屋で観測

一般塗料 ≫サーモアイSi クールナスコン色
遮熱塗料 ≫ファインパーフェクトベスト ナスコン色

調査中は分からなかった

暑すぎて体感的に分からなかったが、『やっぱり遮熱塗料って意味あるんだな』と感心しました。

電気代・エアコンの使用頻度を抑えられる

お客さんに遮熱塗料にした理由を尋ねると、多いのが電気代の節約が1番の決め手になるみたいです。

お部屋の温度が1℃下がれば約10%の空調費が節約できると言われてます。
エアコンの使用頻度も減り電気代も節約

エアコン等の使用が減ると省エネ対策・ヒートアイランド対策に繋がり助成金・補助金が受け取れる可能性も!

省エネにより助成金・補助金の対象になる可能性

遮熱塗料を使用すれば室内の温度を下げてエアコンなどの使用量が削減。エアコンの使用量が減ると、外に排出される排熱も減りヒートアイランド対策に。

外壁塗装や屋根塗装で、助成金・補助金を受け取れる条件に、ヒートアイランド対策を主な工事内容の条件にしている自治体が多数あります。

助成金・補助金は自治体主導の制度のため(ほとんどが”市”からの支給)市区町村のHPで確認できます。
≫【お得】助成金 ・補助金で外壁塗装が出来るのは知ってますよね?

あわせて読みたい

遮熱塗料の効果をより期待できる建物や方法

以下のような建物が特に有効です!
効果の期待大の建物
  • 屋根が『金属屋根』
  • 屋根が『スレート瓦』
  • 2階建て以上の建物
  • 吹き抜けのある建物

建物形状・地域・環境等、様々な条件があるために正確な効果が分からないのが現状ですが、当てはまるお住まいでしたら効果の期待大。

屋根が『金属屋根』

金属系の屋根は耐久性が優れておりますが、熱の伝導率が高いため、冬でも南側(太陽光が一番当たる側)はかなり表面温度が上がります。
遮熱塗料を塗ることで、かなりの効果が期待。

屋根が『スレート瓦』

一般住宅に最も多く採用されている屋根材が『スレート瓦』。
安価で丈夫なために、多くのハウスメーカーが使用。
軽いのも特徴なんですが、厚みが約4〜5ミリと薄く、屋根材の熱が室内に到達するのが早いので遮熱塗料に適してます。

3階建て以上の建物

3階建て以上になると太陽光を遮るものが少ないので、上階は熱くなりがち
屋根の真下のお部屋は特に、遮熱塗料の効果を期待出来ます。

吹き抜けのある建物

吹き抜けは屋根と1階の仕切りがないため、屋根で温まった空気がそのまま室内も温めます。
開放感があって素晴らしいお家だと思いますが、エアコンの効き目も届きづらいので、遮熱塗料で熱の元を断つのもおすすめです。

まとめ

青空

近年の夏の暑さには驚くばかりです。
夏の暑さにお困りでしたら塗料選びで遮熱塗料を検討してみるのもありですね。

遮熱塗料と、一般の塗料の価格は多少の差額です。
工事金額総額からすると10%以下の差でしか無いはず。

遮熱塗料の性能を少しでも良いなと感じたら、私なら迷わずオススメ!

外壁塗装の塗料選びは、業者選びの次ぐらいに大事です。
耐久性に直結することなどで、業者だけに任せずご自宅に合う塗料を選択しましょう。
≫ 知っておくべき外壁塗装の塗料の種類と特徴・機能を解説【塗料の選び方】

あわせて読みたい

  • 現場の職人から見た業者の選び方
  • ポイントだけ抑えてシンプルに選ぶ方法
3つの事だけ抑えて欲しい!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森口 よしお

25年間この業界に身を置き、下請け業者として今も毎日外壁塗装をさせていただいております。 会社の宣伝ではなく、第3者の意見として現場で感じた事をお伝えしていければと思います。

-屋根塗装
-

見積書チェックやお断りも代行で!
見積もりサイト 外壁塗装パートナーズ
見積書チェックやお断りも代行で!
見積もりサイト 外壁塗装パートナーズ