外壁塗装

【これだけは注意して】ラジカル塗料の特徴とデメリットを職人目線で解説

ラジカル制御型塗料

外壁塗装で、今流行の”ラジカル制御型塗料”って知っていますか?

最も使用されているシリコン系塗料から、ラジカル制御型塗料(ラジカル塗料)に主役の座が代わろうとしてます。

本記事ではラジカル塗料がなぜ外壁塗装で採用されるのかを解説します。

こんな方への記事

  • 業者にすすめられたけどよくわからない
  • ラジカル塗料のデメリットを知りたい
  • 塗料選びで迷ってる

塗料選びで迷ってる方や、これから外壁塗装を検討してる人におすすめの記事です。

最新技術の”ラジカル制御”機能付きの塗料を少しでも理解し、塗料選びの参考にして下さい。

外壁塗装

ラジカル塗料って?

ラジカル塗料について

ラジカル塗料とは「ラジカル制御型塗料」の略語であり、”ラジカルを制御する”機能が付いた塗料の事。

ほとんどの塗料は樹脂成分での呼び名でしたが、ラジカル機能が付くとラジカル塗料と一般的に呼ばれます。(ややこしい)

樹脂成分ラジカル制御機能呼び名
アクリル樹脂無しアクリル塗料
アクリル樹脂有りラジカル塗料
シリコン樹脂無しアクリル塗料
シリコン樹脂有りラジカル塗料

シリコン塗料に”ラジカル制御”の機能があれば、ラジカル塗料と呼ばれることが多いです。(ややこしいですが)
他の例➡遮熱機能付きの塗料はシリコン塗料でも”遮熱塗料”と呼ばれます。

ラジカルを制御してくれるラジカル塗料ですが、そもそも”ラジカル”なんて聞いたことないと思います。

ラジカルとは

塗料の色を決定する顔料の主成分である「酸化チタン」が、紫外線など顔料に触れると「ラジカル」という因子が発生します。
ラジカルは樹脂や顔料を劣化させる性質を持っており、代表的な症状の一つ「チョーキング現象」を引き起こす原因にもなります。

チョーキング現象

白亜化現象(チョーキング現象)

チョーキングが起きたら塗膜の寿命で、塗り替えのサインです。

ラジカル塗料の中には、ラジカルを発生しづらくするための成分「高耐候酸化チタン」「光安定剤」が配合。
この配合されてる成分によって、酸化チタンから発生する”問題児のラジカル”を退治してくれます。

ラジカルを制御する事により、塗膜の劣化を遅らせて超耐久を実現します。

外壁塗装でラジカル塗装が人気な理由

次世代の塗料の主役「ラジカル塗料」

長らくコスパ最強と言われたシリコン塗料から、外壁塗装の主役が”ラジカル塗料”に代わろうとしてます。

コストパフォーマンスに優れて人気な塗料ですが、100点満点ではないのでデメリットもきちんと考慮しましょう。

ラジカル塗料の性能と実績【コスパは?】

ラジカル塗料シリコン塗料フッ素塗料
耐用年数12年〜15年程度6年〜10年程度12年〜15年程度
費用(㎡)3000円〜4000円程度2,000円〜3,500円程度3,500円〜5,000円程度
製品種類少ない多い普通
実績少ない多い多い
コストパフォーマンスとても良い良いやや悪い
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)

シリコン塗料より少し高めですが、耐久性を考慮しますとコストパフォーマンスに優れた塗料と言えます。

メリット・デメリット

メリット

  • チョーキング現象が起きづらい
  • 汚れに強く、変色しにくい
  • 従来のシリコン塗料と近い価格帯
  • 耐用年数がフッ素並み

デメリット

  • ラジカル塗料が発売してからまだ耐用年数を過ぎてない(2012年発売)
  • 選べる塗料が少ない
  • 製品によっては濃い色の設定がない

チョーキングが起きづらいのは素晴らしいですが、住宅の実績(年数)が少ないことが気になります。
それでも10年は経っているので、ここだけが悩むポイントですね。

新商品こそ信頼と実績がある大手塗料メーカーから選ぶのが私は最善だと考えます。

外壁塗装にラジカル塗料が選ばれる決め手

実際の現場で、どうして”外壁”にラジカル塗料を選んだのか聞いてみました。

ラジカル塗料を選んだ決め手

  1. 色あせしにくい点
  2. シリコン塗料よりもコストパフォーマンスで優れてると思った
  3. そこまで高くはない価格

ラジカル塗料を選ぶお客さんには必ず聞いてます。

プロ側の目線からチョーキングしづらい点が挙げられるかなと思っていたのですが、あまり回答は得られませんでした。(色あせとチョーキングは繋がっていますけど)

仕上がり等は他の塗料と全く一緒で、何も変わりません。数年後に差がつく塗料と言えますね。

各塗料メーカーのラジカル塗料を比較

大手メーカーの中から外壁に使用する、代表的なラジカル塗料をご紹介します。

商品名塗料メーカー樹脂種類
パーフェクトトップ日本ペイントアクリル樹脂一液型水性塗料
ファインパーフェクトトップ日本ペイントアクリル樹脂一液型油性塗料
エスケープレミアムシリコンエスケー化研シリコン樹脂一液型水性塗料
アレスダイナミックTOP関西ペイントシリコン樹脂一液型水性塗料

最も有名で、最初に誕生したラジカル塗料

●パーフェクトトップ●ファインパーフェクトトップ(日本ペイント)

日本ペイント

日本ペイントの人気シリーズ、パーフェクトシリーズの”外壁専用塗料”として幅広く採用されてます。
水性と油性タイプがあり、ともに人気が非常にあります。

主な特徴

  • ラジカル塗料の代表格
  • シリコン塗料より耐久性があり同等の価格帯
  • 耐用年数12年〜15年
  • 本製品の発売は2012年のため、最大耐久年数に満たしていない
  • 一液型塗料

ツヤがあり、光沢が長持ちする”シリコン系”ラジカル塗料

●エスケープレミアムシリコン(エスケー化研)

エスケー化研

エスケー化研のラジカル塗料・シリコン塗料の代表作。
日本ペイントの”パーフェクトトップ”と並び、採用率が高い塗料です。

主な特徴

  • ツヤのひかり具合
  • 一液型水性塗料
  • シリコン樹脂(シリコン塗料)
  • 耐用年数12年〜15年
  • 本製品の発売は2014年のため、最大耐久年数に満たしていない

関西ペイント『アレスダイナミックTOP』

●『アレスダイナミックTOP』(関西ペイント)

関西ペイント

主な特徴

  • 最上位クラスのフッ素に迫る高耐候性
  • 強力な付着力
  • 一液型水性塗料
  • 実績数が少ない
  • 本製品の発売は2016年のため、最大耐久年数に満たしていない

関西ペイントのアレスダイナミックTOPは、「湿潤面」「高湿度環境仕様」付着しにくい住宅に対して、主剤とは別に強化剤を混ぜることにより強力な付着力を生みます。

まとめ

選ばない理由を見つけにくいラジカル塗料

ラジカル塗料は2012年に日本ペイントから発売され、瞬く間にシリコン塗料に追いつく勢いです。コスパ最強と言われたシリコン塗料より、お買い得感があるラジカル塗料。
今までの流れでいうと5年後・10年後は更に価格も安くなって、爆発的に売れるはず。

こんな方に向いている!

  • 同程度の価格帯で、「ラジカル塗料」か「シリコン塗料」で迷ってる方
  • 平均的な費用より少々高くなるのは構わない方
  • 塗料選びは業者におまかせしたい方

私達は毎回「ラジカル塗料」を”外壁”に提案させていただいてます。

注意点は発売してから10年未満がほとんど。施工実績が少ない事だけが気になりますが、これだけは仕方がありません。
なので今回は、大手メーカーの3社のみをおすすめとさせていただきました。

塗料は年々進化し続けますが、2022年現在ラジカル塗料が「価格」「耐候性」「機能」を兼ね備えた、シリコン塗料を凌ぐバランスの取れた塗料だと思います。
他の記事では、塗料の種類と特徴・機能を詳しく解説してますので、ラジカル塗料と比較しながら参考にして下さい。

≫ 知っておくべき外壁塗装の塗料の種類と特徴・機能を解説【塗料の選び方】

合わせて読みたい
業者の選び方
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森口 よしお

25年間この業界に身を置き、下請け業者として今も毎日外壁塗装をさせていただいております。 会社の宣伝ではなく、第3者の意見として現場で感じた事をお伝えしていければと思います。

-外壁塗装
-

見積書チェックやお断りも代行で!
見積もりサイト 外壁塗装パートナーズ
見積書チェックやお断りも代行で!
見積もりサイト 外壁塗装パートナーズ