業者選び

【3つのポイント】外壁塗装で失敗しない業者のシンプルな選び方

6月 21, 2022

  • どこの業者に依頼するか悩んでる・・・
  • 業者の選び方を知りたい!

分かっていても意外と難しい業者選び。
いくつかのポイントだけ押さえれば、優良業者を見つけられる確率が高まります。

私は塗装会社を経営し、現場でも直接担当したお家が25年間で約400棟施工。優良業者を探すのは難しいが、悪質業者・レベルの低い業者を見つけるのは簡単です。

消去法で少しでも確率を上げましょう!

本記事では、最低限押さえておきたい塗装業者の選び方を解説していきいます。

外壁塗装の業者選び【3つのポイント】

最低限の条件(業者選び)

これだけは抑えて欲しい!

  • 其の一
    塗装技能士に依頼
    仕事に対する心構えがしっかりしてる人に…
  • 其の二
    適正価格
    安すぎると不良施工の確率Up!
  • 其の三
    複数の業者を比較
    1社だけじゃ分からない事も。

業者選びの際に、この3つを意識するだけでかなり確率がアップします。

塗装技能士に工事を依頼

塗装技能士って聞いたことありませんか?様々な業者がすすめる塗装技能士。
資格取得にはテスト対策をして挑まなければ、ベテラン職人も受かりません。

テスト自体の難易度はそこまで難しくは無いが、テスト対策のために時間をかけないと受からないので、中途半端な職人が少ないと言えます。

1級塗装技能士の人は、2級じゃ意味がないという人がいますが、はっきり言って技術の差はありません。(多分怒られる)
難易度は大して変わらないので、2級を受けるより皆んな1級を受けます。

試験の難易度
かんたん
2級技能士
1級技能士
難しい
知識・技術
未熟
1・2級塗装技能士
1・2級塗装技能士
上級
すごい人はたくさんいますが、周りからは分かりませんよね?
塗装技能士の本質
  • 1級・2級とありますが、どちらでも構いません。
  • 塗装について真剣に考えた・取り組んだことが大事

≫【外壁塗装で失敗しない】なぜ、業者が1級塗装技能士をオススメすのるかを詳しく解説

適正価格(安すぎても駄目)

安いのはありがたいですよね。私もお客さんの立場なら頼んじゃうかも!

もちろん安いのは嬉しいのは分かるんですが、冷静に考えましょう。

支払い代金120万円100万円80万円
諸経費20万円20万円20万円
塗料代25万円25万円25万円
工事代(人件費75万円55万円35万円

悪い例ですが、安くなる分現場の作業にかかる工事代(人件費等)が削られたら手抜き工事の原因です。

本当によくあるケースで、負担するのは大体現場の下請け業者です。

塗料代は業者にはどうすることも出来ないので、真っ先に値引き対象(コストカット)は人件費になります。

人件費(工事代)をカットされると下請け業者は仕事を急ぐため、仕上がりはもちろん事故に繋がる可能性も出てきます。
仕事欲しさに断らない・断れない為、このような現場は当たり前のような風潮になっているのがこの業界です。

高すぎず、安すぎない適正価格を見極めるのが必要になります。
そこで活用したいのが複数の業者を比較し、適正価格を知ることが出来る見積もりサイトです。

≫【優良業者の選び方】外壁塗装の見積もりサイトを比較、おすすめランキング7選


複数の業者を比較し、検討する

なぜ複数の業者を比較すると良いのかを解説しますね。

複数から見積もりを依頼すると、業者同士で価格競争をして、高額な工事代金になることはありません。
1社だけでは見えなかったものが、複数社を見ることで良い点・悪い点が分かるようになります。

業者によって同じ塗料でも値段が違う・サービスの違い、塗装工事は様々な方法があるので、比較するのは必要です。

デメリット

  • 複数の業者に連絡するのが面倒
  • 断りづらい
  • 結局業者を見極める自身がない

これらを代行して、業者探しをしてくれるのが見積もりサイト。
面倒な業者への連絡や、見積り書をチェックしてくれるサービスもあるので適正価格を知ることも出来ます。

代行で見積もりサイトがしてくれます。
主なサービス
  • 見積り書チェック
  • お断り代行サービス
  • 複数の業者との連絡
  • 助成金について調べてくれる

見積もりサイトが”パーフェクト”とは思いませんが、他の方法で業者選びをするよりはるかに優良業者に出会える可能性はあります。

そもそも業者選びで”絶対に失敗しない”ってプロの私でも断言は不可能。
逆に見積もりサイト以外の方法が確率的にギャンブルに思えておすすめできません。


まとめ:外壁塗装の業者選びで思うこと

業者選びは消去法で選ぶべきです。

絶対に間違えない業者選びは存在しません。
どんなに優良業者・東証一部上場企業でも、工事担当が駄目だった、なんて話はしょっちゅうあります。

言い方悪いですが、業者選びはギャンブルと同じで確率の問題。
確率を上げるためにいろんな判断基準があり、業者は競い合ってアピールします。

完璧ではないが、確率の高い見積もりサイトはおすすめです。
これだけは抑えて
  • 塗装技能士に工事を依頼
  • 適正価格(安すぎても駄目)
  • 複数の業者を比較し、検討する
  • 7つの審査基準で業者を厳選
  • うれしい代行サービス充実
  • 無料で3社まで見積もり可能
  • 助成金の受給条件を調査

≫  外壁塗装パートナーズの評判と口コミ

本記事では見積もりサイトでの業者をおすすめしましたが、他の方法だとプロでない限り優良業者にたどり着くには難しく、運任せの部分もあります。
見積もりサイトの業者がすべて良いとは思いませんが、優良業者が比較的多く、確率が確実に上がるためおすすめしています。

診断

業者の選び方診断

業者選びで迷う貴方へ

時間かけても良い業者を探したい

塗装費用は高くても良い業者なら気にしない?

大手ハウスメーカーなどがおすすめです。

大手ハウスメーカーのリフォーム、塗装工事は一般の業者の1.5倍程度
高額な工事費がデメリットですが、安心と信頼の大手ハウスメーカーなら手抜き工事などの心配もありません。

ハウスメーカーなどを比較した記事も参考にしてみてください。
≫ 業者の特徴を比較表・ランキング5選を徹底調査

もう一度診断する

安すぎても危険です!

無駄に高い工事費を払う必要はありませんが、安すぎても手抜き工事の原因になります。
塗装工事は必ず適正価格でしてください。

適正価格は業者を比較することが肝心です。複数社から見積もりを依頼し、検討するのがおすすめです。
複数社からかんたんに見積もりを依頼できる

もう一度診断する

時間をかけたくない貴方におすすめな選び方

あまり面倒なことは嫌いな貴方には、見積もりサイトで業者を紹介してもらうサービスがおすすめです。
業者選びには時間をかけたいところですが、見積もりサイトで紹介される業者は比較的優良業者が多く、自分で探す手間が大幅にカットされます。

業者を選ぶ見積もりサイトもたくさん種類があるので、見積サイトランキングで探すとかんたんです。
≫ 外壁塗装の見積もりサイトを比較、おすすめランキング7選

もう一度診断する

≫ 【完全版】外壁塗装やリフォーム業者の優先したい選び方【7選】

選び方の基本
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森口 よしお

25年間この業界に身を置き、下請け業者として今も毎日外壁塗装をさせていただいております。 会社の宣伝ではなく、第3者の意見として現場で感じた事をお伝えしていければと思います。

-業者選び

見積書チェックやお断りも代行で!
見積もりサイト 外壁塗装パートナーズ
見積書チェックやお断りも代行で!
見積もりサイト 外壁塗装パートナーズ